交通事故治療

交通事故治療とは


 一般的に交通事故が原因の痛み(むち打ち症、腰痛、手足の障害、痛み、だるさ、不快感など)に対する治療のことで、主に自賠責保険から治療費や診断書料が出るので、患者様の自己負担は0円となります。

 

 交通事故では、日常のケガでは傷めないような部分を損傷し、思った以上に強い衝撃を受けていることが多くありますが、事故直後は神経が高ぶっていて、自覚症状をあまり感じない場合があります。しかし、しばらく放置すると痛みや機能障害を発症し、2次的障害(肩こり、腰痛)へと発展することもありますので、まずは病院へ行き、レントゲン、CT、MRIなどの画像診断を受けて下さい。痛みのある部位だけではなく、少し気になるところがあれば全て医師に伝えておくと安心です。

 

 その後の治療とリハビリは、当院へお任せ頂ければ大丈夫です。

交通事故後の後遺症


 骨には異常がないにもかかわらず、1,2か月経っても首や肩が痛くて完全に回せない、筋肉のこわばりや緊張性の頭痛症状がとれない等、不快な症状がとれずに治療が長引き苦しんでおられる方が少なくありません。

 交通事故後の後遺症を残さないためにも、早期の治療をおすすめします。

 

 当院では、そうした患者様の一日も早い完全復帰を、豊富な経験と技術を生かした独自の治療により全面サポートさせて頂きます。

むち打ち症とは


 正式には「外傷性頚部症候群」や「頚部捻挫」などといいます。

 車での追突事故などの際に、首や背中に衝撃がくわわり、首がムチのようにしなることから「むち打ち症」と呼ばれています。

 

 むち打ち症は、首の正常な可動範囲を超えてしまうことで、首の関節の靭帯や筋肉が傷ついて、首や背中の痛みなどが現れます。程度は、非常に軽いものから、後遺症を残すものまで様々です。また患部の症状だけではなく、頭痛、耳鳴り、吐き気、手足のしびれ等の症状が現れる場合もあります。

最新情報

 〈2020年 3月のお知らせ〉

新型コロナウィルス対策として

マスクの着用、アルコールによる施術台などの院内清掃を行っております。

出来る限りの感染予防対策を行って来院をお待ちしております。

 

3月20日(金)午前のみ診療させて頂きます。

 

 

〈2020年 2月のお知らせ〉

 

2月11日(火・祝) 休診致します。

 

2月24日(月・祝) 午前のみ営業致します。